第45話 解雇の真相 [ Michael, the Guys, and the Great Snapple Caper ] 02/06/02
written by neko

メタ化学薬品工業にて面接を受けるマイケル。衝動買いや、日頃のいい加減な生活習慣がたたり、光熱費も払えない状況のマイケルは、クラッシュダウンの他に、もう一つバイトを増やすため面接を受けているが・・・みごと採用される。勤務時間は深夜二時から明朝の七時まで、今日から頼むと言われ戸惑うが、マリアに生活費を負担させているマイケルにはNOとは言えない。

コンビニ強盗事件以降、父親と仲違いし家を出たマックス。独り車の中でリズからの熱烈なラブレターを読んでいる。"スーパーマンとロイスのように、二人で夜空を飛ぶ"というロマンティックな手紙の内容に微笑むマックス。リズの父親:ジェフから交際を強く反対されている二人は、カフェの中と外で目を合わせることも許されない状況。

ヴァレンティ家。無職のジムは、居間でウトウト居眠りをしている。父親のジムに対し、整備工場でのバイトから帰宅したカイルは、イライラして当り散らす。しかし、ジムは新しい仕事が決まりそうだとカイルをなだめ、カイルも安心する。

警備員の制服に着替え、深夜のアルバイトへ出かけようとするマイケルを茶化すマリア。そこへマックスが訪ねて来た。家を出たマックスは2〜3日泊めてくれと頼む。マイケルは車を貸すならソファを貸すとOKする。

コンビニにて。偶然を装い密会するイザベルとジェシー。二人は抱き合い熱いキスを交わす。コンビニでこそこそ会うのはムードがないと、「二人の事を両親に話してはどうか?」と提案するジェシーだが、時期が早すぎるとはぐらかし、キスを続けるイザベル。そこへ、買い物に来たカイルは、そのラブシーンを目撃してしまう。お互い気まずい雰囲気・・・。

深夜の製薬工場。マイケルは、仕事仲間数人と仕事につくが、あまりの退屈さに、警備用の防犯モニターをスポーツ番組に切り替え、制服のネクタイを投げ捨てるマイケル。最初は注意する仲間だが、退屈さには勝てずマイケルの提案をのみ一緒になってネクタイを外し、スポーツ観戦をす始末。一人生真面目なスティーブは、最後まで反対するが、マイケルにけしかけられ・・・ついには、彼までネクタイを外し仲間に入る。

翌日のバイト先では・・・。マイケルは、カードゲームセットを持ち込み、皆で飲み物を飲みながら、ポーカーゲームを始める。それは、和気藹々と楽しい職場に早代わり!しかし、スティーブは「クビになったら困るので、限度は弁えてくれよ」とアドバイスするが、マイケルは「こんな仕事、真剣にやることはないさ!」と掃き捨てるように言う。スティーブの表情はどこか寂しげだった。

ある晩。いつものように、和気藹々と仕事についていると・・・。責任者のカールがやって来た。慌ててピザを隠し、制服の乱れを整えるマイケル達。カールは内部に盗みを働く者がいる、ジュースがケースごと盗まれていると警告し、床に落ちているジュースのフタを拾いながら、全員に解雇を言渡し、出て行くように命じた。

マイケルの家。仕事をクビになったマイケルは、「誰かがジュースを盗んだ。そんなことくらいでバイトをクビにするなんて、弱い者虐で納得がいかない」とマリアに愚痴っている。マリアが冷蔵庫を覗くと、中には工場から勝手に持ってきたジュースがしっかりと入っていた。しかし、マイケルは、悪びれた様子もなく社会が悪いと言い出す始末。呆れたマリアは「ジュースを盗んだのはあんたで、あんたの無責任な行動で皆もクビになったの!」釘を刺す。マイケルは図星を付かれ気分が悪く外へ出る。

マイケルは面接の申し込みをするためにコンビニへやって来た。そこで、同じく職を求め、申し込みに来たスティーブに出くわす。「警備の仕事の半分しか給料はもらえないぞ」と声を掛けるマイケルに対し、「わかっているさ、でも妻と子供がいる」と答え、スティーブはファーストフードのバイト先へ向かった。それを聞いたマイケルはショックを受け、罪悪感で胸が一杯の様子。

一方、クラッシュダウンでは、一生懸命仕事に励むリスの姿があった。料理を客へ運ぶリズだが・・ふと壁のイラストに目をやると・・イラストのエイリアンが手を振り、「会いたい」「キッチンにいる」とマックスからのメッセージが映し出された。リズは仕事も上の空になり、はしゃいでキッチンへ走る。キッチンではマックスが待っていた。二人は激しく抱き合いキスをする。「金曜の夜は抜け出せる?」とリズをデートに誘うマックス。そこへ父親:ジェフがリズを捜してやって来た。二人は慌てながらも、名残惜しそうにキスをし、マックスを見送るリズ。

カフェ、カウンターではカイルとイザベルが話していた。イザベルは、カイルに、ジェシーとの仲について一部始終を話して聞かせた。「君がエイリアンだと彼は知ってるの?」とカイルは聞くが、イザベルは「普通の女性として恋がしたので話すつもりはない」と打ち明け、ジェシーとのことは秘密にして欲しいとカイルへ頼む。カイルは笑顔でOKし「おめでとう・・・。マックスにはリズ、マイケルにはマリア。君にも誰かいた方がいい。良かったな」と声を掛けた。

マイケルの家。ジュースケースを見つめるマックスとマイケル。仕事仲間に対して、マイケルはマックス達以外に初めて友情を感じていた。スティーブが妻子がいることも知り彼のことも気になっているマイケルは、忍び込んでジュースを返してくると言う。その計画が安易過ぎると指摘するマックスだが、マイケルは「それ以外思いつかない」とジュースケースを持って工場へ向かった。上手く忍び込みジュースを元の場所へ戻したマイケルだが、そこで、責任者のカールが、ラボから薬品サンプルを盗み持ち出す現場を目撃してしまう。

ヴァレンティ家。ほろ酔い気分で帰宅した父:ジムを攻め立てるカイル。ジムは、新しい仕事としてカントリーバンドで歌手を努めることを話し、明日が初めてのステージなので見に来てくれと頼む。カイルは、父親の安易な考えに怒りだし、そんな夢みたいな仕事で生活ができる訳がないと反対だった。

マイケルの部屋へ集まった仕事仲間のジョージ、フライ、マンク。マイケルはカールの一件を話して聞かせる。マンクの案では、それは癌か何かの特効薬でカールはサンプルを横流しし、スパイ行為を働いていると言う。マイケルは、「本当の泥棒はカールだ。一緒に盗み現場を押え報告するば、また仕事に復帰できる。忍び込むぞ!」と持ち掛ける。最初は危険過ぎると賛成しないが、マイケルの熱意に感化され計画を実行することになる。

工場に忍び込んだ4人。責任者のカールはいつもの様に防犯カメラをオフにしてラボへ向かっていた。マンクとフライはモニター室へ入り、防犯カメラをオンにして録画準備を整えた。大柄のジョージはマイケルを持ち上げ通風孔へ押しやった。そして、小型カメラをマイケルへ渡した。マイケルは、慎重に通路を張って進み、カールがサンプルを盗み出し渡す現場の撮影に成功した。しかし、モニター室では、マンク達がテープ取り出しに失敗し、テープはからまっていた。そこへハンソン保安官から「セキュリティシステムが破られたので異常はないか」と電話が入る。「問題ないです。」と電話に出るが、ハンソンに「今夜のパスワードは?」と質問を受けマンクは、たじろぐ。

廊下では、カールが歩いている。すると天井がミシミシと音を立てた。不審に思うカール。突然、物凄い音と共に天井が崩れ落ち、マイケルも落ちてきた。驚いたカールは、警察へ電話を掛けようとするが、マイケルは透かさず「あんたがラボに押し入りサンプルを持ち出し渡していることを知っている。証拠のビデオもある」と言う。するとカールの態度は変わり、「非常に残念だ。君には強盗として死んでもらう」と銃を向けた。「ビデオの在り処を言え!」と怒鳴り銃を向けるカール。マイケルは密かにパワー使いカールの真上の天井を壊した。カールは天井の下敷きになり、その弾みで銃を手放してしまう。しめた!と思うのもつかの間、マイケルの真上の天井まで落ちてきてマイケルも下敷きになっていた。二人は倒れ拳銃の取り合いをするが、カールの手に渡ってしまい再び銃を向けられるマイケル。すると、そこへマンク達と共に、ハンソン保安官がやって来た。「また、おまえか?マイケル。保安官事務所まで来てもらうぞ!」とハンソンは言う。「ええ、その前に見せたいものがあります。」と皆をモニター室へ案内するマイケル。しかし、無残にも証拠のビデオテープは中身が剥き出しになりからまっていた・・・。細く笑むカールは、ハンソン保安官へ「コイツ等は、うちの警備だったが盗みを働いたのでクビにした!」と言い放つ。マイケルは、その隙にパワーを使いビデオテープを改善し、「これで良し!直りました」とビデオを再生する。そこには、カールのスパイ行為が一部始終映し出されていた。カールはハンソン保安官に連行され、マイケル達は警備員の仕事へ復帰を果たし、大喜びだった。

夜、橋の上。リズはマックスとの待ち合わせ場所に居た。用意されたハングライダーに驚きながらもご機嫌のリズ。「僕を信じて」とリズをリードし、ハングライダーに乗り、リズの肩を抱くマックス。「スーパーマンとロイスになってみないか」とマックス。「それは、良いアイディアね」とリズは幸せ一杯の笑顔で答える。「星を見に行こう!」とマックスはパワーを使い、ハングライダーを空高く、ゆっくりと上昇させた。風に乗ったハングライダーは、二人を乗せてゆっくりと星空に消えて行く・・・。

酒場では、ジムの初ステージの日だった。カイルは不安な表情でカウンターに腰掛けていた。ジムの歌が始まり、酒場の客全員がノリノリ!それを見たカイルは安心したのか、彼もリズムに乗り出し、ご機嫌だった。ジムの初ステージは成功に終わる。カイルは心の中で「やるじゃない!父さん・・・」とつぶやいた。

夜空のデートを終え、クラッシュダウンへ帰宅したマックスとリズ。今だ興奮冷め遣らず「サイコー!サイコー!」と連発するリズ。「それしかないの?」と茶化すマックスへ、リズは「じゃあ〜、こんなのはどう?」と甘い声で囁きキスを何度もする。「本当は部屋へ来て欲しい」と言うリズ。「お父さんに見つかったら大変だ」とマックス。名残惜しいがマックスはリズを見送り、二人はおやすみを言う。カフェを後にしようとしたマックス。しかし、カウンターから声がした「楽しかったか?」と怒りの表情の父親ジェフが座っていた。「君のせいで娘は、強盗をし逮捕されたんだぞ!一歩間違えれば命の危険もあった」とマックスへ怒りをぶつけ、「二度と娘に近づくな!教室で君がリズの隣に座ったことがわかったら、リズをバーモンド行きの飛行機に乗せる」と言い放つジェフ。驚くマックス。ジェフは、リズをバーモンドにある全寮制の学校へ入学させるための手続きを済ませたと言う。後は小切手を切るだけで入学できるように手配してあった。「本気ですか?そこまでするのですか?」と動揺するマックス。「君から引き離すためなら、やるさ!うそじゃないぞ!二度と来るな!」と掃き捨てるように怒鳴り、カフェを後にするジェフ。マックスは思いつめた悲しい表情をしていた。

その頃、マイケルは、スティーブの家へ向かい、仕事に復帰できることを伝えていた。マイケルの無茶な行動に最初は驚くが、妻子を養うためにも仕事に復帰できたことを心から喜びマイケルに感謝するスティーブ。二人は仕事が引けた後、食事に出かける約束をし、硬く握手をした。


 
[ Michael, the Guys, and the Great Snapple Caper ] Review (感想) 

今回はほっと一息ワンクッション、といったところですか?マイケルがパワーを 使っ たところを除けば、別にロズウェルじゃなくても成り立ちそうなストーリーじゃ ない かな。カイルがイザベルにかけた「おめでとう、よかったな・・」の言葉、男気 を感 じた。テスがいなくなって、またまたカイルのキャラに変化の予感。それにして もバ レンティのあの楽しそうな無邪気な顔。マックスファンからバレンティファンに なり そうです。M&Lの盛り上がり方、ちょっと不自然さを感じざるを得ません。ハ ング グライダーはたしかにamazingだけど、マックスはいつあんなことおぼえたわけ? もっと日常の中で、テスとのことに向き合いながら、時間をかけて盛り上がって ほし いなあ。

written by とっすい


今週のエピは、ドタバタしているし、SF色も薄く・・・あまり好きな内容ではなかった。私は個人的にSFやサスペンスが大好きなので、そういう要素も含んだストーリーじゃなきゃ納得いかんでしょう!それにしても、マイケルは相変わらずのトラブルメーカーだった。以前は自分達エイリアン以外のことには無関心だったがマリアと付き合うようになり人間としての優しさや、人を労わる気持ちが芽生え、成長したなと思っていただけに、驚きというよりも、あまりの子供っぽさには、呆れて笑いが出ました(笑)。マリアちゃんも苦労しそうですね(^^;でも、今回のスナップル事件で、自分の無責任さに少しは懲りたようでした。それにマックス達やマリア達以外に心を許せる仲間もできたようですし、これも地球で人間として暮らすと決めたマイケルにとっては、良い傾向です。それから、マックスとリズ・・・う〜ん、父親の反対が凄いです。とにかく二人を離れ離れにする魂胆ですね〜。この二人にはいつも障害があり、中々結ばれませんね。会うのを禁止されているせいか、リズは、マックスと密会する度に凄く興奮気味で、それをマックスがセーブさせているという感じに見えました。ハングライダーでのデートも話しには聞いていて期待したが・・・お粗末な作りで、ちょっとガッカリかな?"夜空の散歩"と聞けばロマンティックだが、あの映像じゃ〜ね〜。でも、M&Lシーンで一番好きなのはカフェのイラストを使ってメッセージを送るシーン!あれは・・・くぅ〜〜マックスにやられたわ(*^^*)。ヴァレンティ親子は、本当に見ていて面白いし、ジムが意外美声だった。カイルがイザベルへジェシーのことで祝福の言葉を掛けたとき・・・うん?何だかカイルが寂しそうでした。もしかして、イザベルに好意があったの(??)カイルにも素敵な女性が見つかるといいのですが・・・・。ちなみに、今回のエピに登場した飲料水スナップルですが・・・私の家では夏になるとケース買いするほど家族中が大好きです。今回も放送見ながら、ラズベリー味のスナップル・ティーを飲んでました(^^)。レモンとピーチとラズベリー3つの味が各8つづつ入って1ケース24本入りになって売っていますよ。でもマイケル達が飲んでいたのはダイエットバージョンのスナップルでしたね?そう言うのもあるんですね!
written by neko


◇当サイトはフレームで作成しています。このページのみが検索された場合は下の画像をクリックして下さい

TOPへ
inserted by FC2 system